COMPANY

企業情報

HOME | 企業情報

ご挨拶


私がまだ20代の頃、初めてマネジャーというポジションに就いたとき、ある恐怖を抱いていました。
それは「質問される」ということです。
 
当時勤めていた会社は新卒採用に力を入れている会社で、私よりも優秀な新人が多く入社してきました。彼らは私のチームに配属され、私が答えられないような「いい質問」をどんどん浴びせてきます。私はその度に「いい回答をせねば…」という焦りが募り、いつも質問をされないよう身構えていました。
 
その後、私は30歳の時に研修トレーナーやプロジェクトのファシリテーターとして独立します。
しかし、会社時代の恐怖は相変わらずでした。受講生やプロジェクトメンバーから「いい質問をされたらどうしよう…」と。
 
そして私は質問されないように、研修では一方的に講義を進め、プロジェクトでは私が全ての段取りを描きました。
気づくと私一人が走っていて、振り向くと誰もついて来ていませんでした。
 
その後、コーチングやアクションラーニング、ファシリテーションやワークショップといった学びの機会がありました。
そこで得たものが「問い」でした。
 
「問い」を用いることで受講生が自ら考えるようになりました。
「問い」を用いることでプロジェクトメンバーが自走するようになりました。
そして、私自身いつも持ち続けていた「質問される恐怖」がいつの間にか消えていました。
 
「問い」はコーチングやファシリテーションの場面で用いられる有効なスキルですが、上司対部下のマネジメント場面だけでなく、商品開発や商談場面においても効果的な思考ツールです。
 
私たちは「クエスチョン思考」と名乗りその思考法の体系化や普及を通じて、ビジネスリーダーの支援型リーダーシップを応援していきたいと考えています。
 

株式会社メロスパートナーズ
代表取締役 宮本 寿

会社概要


社名

株式会社メロスパートナーズ

代表取締役

宮本 寿

事業内容

クエスチョン思考による組織開発、リーダーシップ開発

所在地

〒100-0004 東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F

創業

2007年10月1日

代表プロフィール


宮本 寿(みやもと ひさし)
 
1975年静岡県生まれ。明治大学卒業。
1999年株式会社学生援護会(現パーソルキャリア)入社。採用企業に対する求人広告の提案営業、採用企画の立案に従事。
2001年株式会社リンクアンドモチベーション入社。主に成長ベンチャー企業の組織開発支援に従事。その他、事業開発責任者としてダイニング事業の立ち上げや法人向け会員制事業のチームマネジメントに携わる。
2005年株式会社グロービス入社。人材紹介事業にて成長企業への経営人材の斡旋に従事。その後、ビジネススクール事業にて大手企業に対する育成体系の設計や選抜プログラムの企画立案に携わる。
2007年独立。株式会社メロスパートナーズ設立。現在は「クエスチョン思考」と称した思考法の体系化や普及を通じて、クライアント企業の組織開発やビジネスリーダーの支援型リーダーシップ開発を支援している。